TOPICS
 

 

   
  神奈川災害ボランティアネットワーク第 6 回総会開催 2017年6月6日
 
 

(特非)神奈川災害ボランティアネットワーク(理事長:河西英彦、団体正会員: 30 会員、個人会員: 3 会員)は、
NPO 法人として 6 回目となる総会を開催し、全議案が承認された。
名称:(特非)神奈川災害ボランティアネットワーク第 6 回総会
日時: 2017 年 6 月 6 日(火) 18 時 30 分〜
会場:かながわ県民センター  11 階 講義室
横浜市神奈川区鶴屋町 2-24-2
次第
  第 1 部
◆司会:武藤 明 横須賀災害ボランティアネットワーク)
◆理事長挨拶:河西 英彦 理事長・横浜災害ボランティアネットワーク会議
◆来賓紹介:
  河本 文雄 神奈川県議会防災警察常任委員会委員長
  川崎 修平 神奈川県議会防災警察常任委員会委員
  佐川 範久 神奈川県安全防災局安全防災部災害対策課長
  原田 潔  かながわ県民活動サポートセンター所長
  寺島 隆之 神奈川県社会福祉協議会地域福祉推進部長
  中島 孝夫 神奈川県共同募金会事務局長
  吉井 博明 東京経済大学名誉教授
◆来賓挨拶:河本 文雄 神奈川県議会防災警察常任委員会委員長
◆祝電紹介
◆議案提案:
第1号議案  2016 年度活動報告
第2号議案  2016 年度決算報告
           監査報告
  質疑・採決
第3号議案  2017 年度事業計画(案)
第4号議案  2017 年度予算(案)
  質疑・採決
第5号議案 その他: 9月1日 九都県市総合防災訓練への参加要請
  閉会挨拶 水島 三千夫  副理事長・(特非)藤沢災害救援ボランティアネットワーク
  第 2 部
  司会:坂 徹 副理事長・かながわ災害救援ボランティアネットワーク
◆活動報告:
   横須賀災害ボランティアネットワーク
   (公財)横浜 YMCA
  ※神奈川県生協連は理事、会計事務局を担っています。

    
  【参加者募集】 3.11 追悼キャンドルナイト開催案内
 

3 月 11 日で東日本大震災から丸 6 年の月日が経過します。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし被災された方々を想いつつ、震災を風化させないために、「 3.11 追悼キャンドルナイト」を開催します。
お時間のある方は、ぜひご参加ください。
3.11 追悼キャンドルナイト
【日時】 2017 年 3 月 11 日(土)
•  17:30 〜 18:00 受付、準備開始
•  18:00 〜 18:30 キャンドル点灯、黙祷、代表挨拶
【会場】かながわ県民センター 正面玄関前広場
【主催】特定非営利活動法人 神奈川災害ボランティアネットワーク
【共催】神奈川県青年国際交流機構

 
  【開催報告】eコミマップ活用スキルアップ研修
 

1 月 11 日(水) 18 時〜 20 時、災害ボランティアセンター運営支援ツールとして、eコミマップの活用に向けたスキルアップ研修をかながわ県民センターにて開催しました。
KSVN にとって長年関わりのある国立研究開発法人防災科学技術研究所から水井良暢研究員を講師に迎えて、常総市などの災害現場で培ってきた支援経験をもとに災害 VC ニーズのマップ登録、作成したデータベースの活用方法、情報一元化のメリット・デメリット、運用体制など実践を交えた講座により、災害ボランティアと社会福祉協議会職員が一緒に学び考える機会になりました。
災害時の迅速な支援に備えて、また平常時の災害情報訓練に役立てていけるよう、今後も皆で取り組んでいきます。 記:Shiozawa

 
  災害図上訓練 第 1 回(県央地区)開催 報告
 

12 月7日(水)午後、アミューあつぎ(地域交流プラザ内会議室)にて、県央地区 9 市町村の社会福祉協議会職員と災害ボランティアネットワークのメンバーを中心に約 50 名が参加しました。

 

  詳細はこちら

☆本訓練は、神奈川県社会福祉協議会の地域福祉活動支援事業助成によって実施しています。

  阿蘇 YMCA 災害ボランティアセンター ボランティア募集について
 

阿蘇 YMCA では、災害ボランティアセンターを立ち上げ、ボランティア活動を展開しております。
以下が、ボランティア派遣の要項となりますので、
県下・災害ボランティアネットワークで派遣をご検討の場合は、是非ご協力をお願いいたします。
********************************************************************
・設置期間:平成28年4月26日(火)〜7月中旬(予定)
・設置場所:阿蘇YMCA(阿蘇市車帰 358 ) TEL : 0967-35-0124 ※ 駐車場あり
http://www.kumamoto-ymca.or.jp/aso/
********************************************************************
  詳細はこちら

  平成28年「熊本地震」に対する現地緊急活動支援募金のお願い
 

             特定非営利活動法人 神奈川災害ボランティアネットワーク  理事長 植山利昭

  平成28年 4 月 14 日から続発している熊本・大分両県の地震において、多大な被害を被られた皆さまにお悔やみとお見舞いを申し上げます。地震被害は広範囲に及んでおり、 17 日の夜の報道では負傷者 1,063 人、避難者は約 20 万人、住宅の損壊は 2,442 棟とされています。
  この事態に対して全国から全社協をはじめとする NPO 団体が被災地入りをして、地元社協の応援態勢に向けて準備を取りつつあります。県内でも、かながわ DMAT が熊本に向けて出発、また、横浜 YMCA も熊本 YMCA の応援に向けた、態勢をつくっています。
  当神奈川災害ボランティアネットワークとしても、メンバーでもある横浜 YMCA を通して、熊本 YMCA や、現地社協などを応援すべく、「熊本地震」現地活動支援募金を呼び掛けたいと存じます。


     ☆☆  募金の協力にについてぜひご検討ください。 ☆☆

1.募金の期間 2016 年 4 月 18 日(月)〜 6 月 24 日(金)
2.募金振込先
  ◆郵便振替 口座番号: 0025-6-14753
          加入者名:特非 神奈川災害ボランティアネットワーク
           *お手数ですが、通信欄に「熊本地震」と明記下さい。
  ◆ 横浜銀行 六角橋支店 普通口座 口座番号:1412372
           口座名:特定非営利活動法人 神奈川災害ボランティアネットワーク 
                理事長 植山利昭 ( ウエヤマトシアキ )

                                          
                                                     以上

   
  災害支援と情報(IT)活用セミナー
~災害初動情報と災害ボランティアセンターの情報活用・発信(広報)~
   (特非)神奈川災害ボランティアネットワーク主催で下記のセミナーを開催いたします。
  ぜひ、ご参加いただきたくご案内いたします。
  併せて各組織の関係者の皆さまにも広報をよろしくお願いいたします。
◆------------------------◆---------------------------◆
災害支援と情報(IT)活用セミナー ~災害初動情報と災害ボランティアセンターの情報活用・発信(広報)~

【日時】2016 年 3 月 26 日(土) 13 時~17 時 【場所】かながわ県民活動サポートセンター11 階講義室
【定員】20 名
【講師】災害 IT 支援ネットワーク 柴田哲史氏、災害NGO結 前原土武史、中央共同募金会 城千聡氏
【プログラム】
・イントロダクション(災害 VC や IT 用語のおさらい)(5 分)
基礎知識のすり合わせ:災害ボランティアセンターや IT・ネット用語の確認
・災害初動期の情報と災害支援団体・災害ボランティアセンター(15 分)
発災初期の情報について、主に支援団体間や災害ボランティアセンター内の流れを概観
・発災初動情報の流れについて(平成 27 年関東東北豪雨を事例として)(50 分) 前原氏
実際に発災したとき、どう情報を得てどう活かされていくか(活かされないか)、情報共有・発信の注意点は
・災害ボランティアセンターの広報(20 分) 城氏
災害 VC が広報を行わないと、どういうことになるのか。
・災害ボランティアセンターと情報(IT)活用の実際(50 分) 柴田氏
災害 VC の中で、情報や IT はどのように活かされているのか
<ワークショップ> 城氏
・災害 VC 情報活用指針の作成と広報ツールの使い分けワーク(ホームページ、SNS、紙媒体などの使い分けワーク)(30 分)
災害 VC に入ってきた(取ってきた)情報をどう処理して、共有していくか。外部に伝える場合、内容やメディア・広報ツールはどう使い分けるか
<実践ワーク>(50 分)
豪雨災害を想定して発災から災害 VC 設置までの情報の流れを演習形式で考える
・災害初期・初動情報のつかみ方
・災害ボランティアセンター/災害ボランティア団体の初報作成ワーク(体制が整ってない状況で何を発信する?見通しは?県内・県外受入れどうする?)
※内容・順番等は、変更になる場合があります ※終了後に意見交換・相談会を 30 分程度予定
【使用テキスト】
「災害ボランティアセンターにおける広報ガイドライン」(東京ボランティア・市民活動センター) ※参加者に配布
【主催】 NPO 法人 神奈川災害ボランティアネットワーク
【お申込方法】
・お名前(ふりがな)、ご所属、ご連絡先(メールアドレス)についてご記載の上、下記のメールまたは FAX にてお申し込みください。
メール:info@ksvn.jp<mailto:info@ksvn.jp>、FAX:045-324-1120
【お問合せ】
メール:info@ksvn.jp<mailto:info@ksvn.jp> 電話:070-6513-2417 受付時間 10~17 時(担当:かみむら)

  3 月 11 日(火)追悼キャンドルナイトを開催しました
  「3 月 11 日 ( 金 ) 、東日本大震災から丸 5 年の月日が経過しました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし被災された方々を想いつつ、震災を風化させないために「3 ・ 11 追悼キャンドルナイト」を下記の通りに開催しました。
◆ 3 ・ 11 追悼キャンドルナイト◆
【日時】 2016 年 3 月 11 日 ( 金 )
  ・ 18:30 〜 19:00  受付、準備開始
  ・ 19:00 〜 19:30  キャンドル点灯、黙祷、代表挨拶
【会場】かながわ県民センター 入り口付近 
【主催】特定非営利活動法人 神奈川災害ボランティアネットワーク」


  かながわ防災・減災セミナー
 

「東日本大震災被災地支援ボランティア活動における岩手の広域支援と神奈川の後方支援経験から、神奈川での災害ボランティア受援力向上へ活かす」
【日時】 2 月 28 日(日) 14 : 00 〜 17 : 00 (終了後に懇親会予定)
【場所】 かながわ県民センター 11 階 講義室 2
(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町 2-24-2 、横浜駅西口・きた西口、徒歩5分)
【主催】 (特非)いわて連携復興センター
【協力】 (特非)神奈川災害ボランティアネットワーク、かながわ県民活動サポートセンター、(社福)神奈川県社会福祉協議会(申請中)、(社福)神奈川県共同募金会

※ 入場無料 ※ 終了後、懇親会予定(要申込、 4000 円程度を予定)

   詳細はこちら


  災害救援ボランティアスキルアップ講座 定員になりましたので
  神奈川・箱根山スタディーツアー 締め切りました
※ 本事業は、真如苑「 Shinjo プロジェクト」の助成を受けて実施しています。
 

神奈川・箱根山スタディーツアー
箱根山火山
〜現地で学ぶその特性と地域への影響 について 〜
箱根大涌谷
【開催日】 2015 年 12 月 1 日 ( 火 ) 9:30 〜 15:00
【場所】箱根町(バス視察)、神奈川県温泉地学研究所、箱根町役場
【定員】 20 名
【参加料】 1,000 円(昼食代として、当日集金)

【申込方法】詳細はこちら

【主催】 NPO 法人 神奈川災害ボランティアネットワーク

11/25  【常総市社会福祉協議会からのお知らせ】
       常総市災害ボランティアセンター 

「常総市災害ボランティアセンター」から常総市社協「地域支えあいセンター」へ移行します
 
NPO神奈川災害ボランティアネットワークの取り組み
 

 
  **** 会員の活動状況 ******************************************************************
 

一社)協働情報プラットフォームが常総市で活動している
情報支援チームへKSVNから情報コーディネーターを派遣

 

10/1から10/5まで延べ16名の情報コーディネーターを避難施設(谷田部総合体育館、石下総合体育館、もりや学びの里など)に 派遣
タブレット端末を使用して、高齢者やITによる情報を得にくい人に対して
生活情報やお役立ち情報の提供と被災者からの要望など聞き取り調査を行った。

    
 


現在、神奈川災害ボランティアネットワークでは、本災害への緊急支援として構成団体とともに茨城県常総市を中心に、調査隊による現地調査、運営支援(資機材貸与、スタッフ派遣等)、災害ボランティア活動支援などを行っております。今後、さらなる支援として、スタッフ派遣、避難所調査補助、一般災害ボランティアの適切な送り出しなどを検討しております。
地域災害ボランティアネットワーク・専門性をもった様々な組織のネットワーク団体としては、神奈川県内での発災時にも活かせるような枠組みでの被災地支援活動になるように努めております。
以下、23日までの活動状況です。


【被害状況・ニーズ状況・災害VC情報収集】*****************************************************************
以下の方法により、現地の被害状況や災害VC状況、外部支援の必要性などの情報を収集・集約しています。
・現地調査隊や会員団体からの独自ルートによる情報収集・交換・共有
・公的情報の集約・共有
・関係団体(震災がつなぐ全国ネットワーク、JVOAD、JCN等)との情報共有・交換

現地調査隊による現地調査】******************************************************************************
<第0次(有志による活動に同行)>
調査日:9月16日
調査地域:茨城県常総市
調査内容:常総市災害ボランティアセンターにおける、資機材、運営スタッフ、ボランティア等のニーズ状況。職員、スタッフとの情報共有・交換等。
同行者:植山理事長、田口理事

<第1次(資機材輸送時)>
調査日:9月18日
調査地域:茨城県常総市
調査内容:常総市災害ボランティアセンターにおける、資機材、運営スタッフ、ボランティア等のニーズ状況。職員、スタッフとの情報共有・交換等。関連団体会議(行政、社協主体、NPO参加)への出席。
同行者:植山理事長、丸理事、田口理事

<第2次>
調査日:9月20日
調査地域:茨城県常総市
調査内容:茨城県災害ボランティアセンター、石下体育館避難所、常総市災害ボランティアセンターにおける運営状況の調査、情報交換。県理事・担当者との意見交換
同行者:上村、茨城県職員、京大防災研教員、IT DARTメンバー、
※上村が理事を務めるIT DART(情報支援レスキュー隊)の調査に同行

【資機材支援】*****************************************************************************************
依頼元:常総市災害ボランティアセンター(東京社協経由)
搬出日:9月18日
担当者:植山理事長、丸理事、田口理事、事務局上村
主な貸出資機材:一輪車(ネコ)、十能、角スコップ、剣スコップ、バケツ、てみ、高圧洗浄機
寄付物品:土嚢1万枚

【災害VC運営へのスタッフの派遣】***********************************************************************
派遣者:上村
依頼元:調布ボランティアセンター/支援P/災害IT支援ネットワーク 柴田氏
派遣先:常総市災害ボランティアセンター
期間:9月21~22日
役割:今後の支援についての調査・情報交換、災害VC総務班・情報担当、KSVN/IT DARTとの連絡調整(関連NPO会議への出席等を含む)
主な実績:災害VCホームページ、FBの立て直し、更新。いわゆる高速道路無料通行証の事務手続きについての調査、回答例案作成。アマゾンほしいものリストのアカウント作成、事務処理についての相談対応、ファイル共有についての相談対応、各班との情報交換等。支援NPOとの情報交換・共有等。
その他:同じ総務班に派遣されていた神奈川県社協職員とも協働。

構成団体による支援活動】(活動支援時の内容による)**********************************************************
※KSVネットでは、乗合推奨という観点からガソリン代を補助しています
※現在事務局に報告されている支援状況です。他の団体で、活動される方はご1報願います
<葉山災害ボランティアネットワーク>
支援地域:栃木県鹿沼市
支援期間:9月21~22日
支援内容:個人宅の泥だし
人数:11名
<やまと災害ボランティアネットワーク>
支援地域:宮城県大和町、茨城県常総市
支援期間:9月20~24日
支援内容:泥出し作業、居宅清掃作業、VC運営スタッフ
人数:4人
<藤沢災害救援ボランティアネットワーク>
支援地域:茨城県つくば市(避難者向け)
支援期間:9月13日
支援内容:避難されている方への入浴支援として、タオル250本と石けん50個をつくば市社協に提供(長坂先生経由)

【理事・運営委員による支援活動】
支援地域:茨城県常総市
支援機関:9月20~22日
支援内容:支援NPO会議への出席、NPO合同の避難所調査チームへの参加、ITを利活用した避難者支援活動
人数:1人

【支援室登録団体への支援】
・各地域での被害状況や災害VC情報提供
・安全衛生に対する啓発
・資機材等の貸し出しの相談(KSVネット所有のビブスを含む[特例])



  災害救援ボランティアコーディネーター養成講座 実施
 
  神奈川県の「かながわコミュニティカレッジ」の一つとして、7月4日から8月22日の間、6日間に分けて、「災害救援ボランティアコーディネーター養成講座」を開催しています。
この講座では、ボランティア活動の基礎や応用、住んでいる地域の「減災」活動と被災者支援について、災害対応事例などを学んでいます。4日目となる8月1日は、午前中は「災害と人間関係を考える(ワークショップ)」、午後は「図上訓練」を行いました。

日時:2015年8月1日(土)10時〜16時
    10時〜12時 災害と人間関係を考える(ワークショップ)
          概要:クロスロードゲームを通じて災害心理を考える
          あやせ災害ボランティアネットワーク
    13時〜16時 図上訓練(DIG)(ワークショップ)
          概要:東日本大震災の支援活動をどのように南関東地震に活かすか
          講師:森 清一 神奈川災害ボランティアネットワーク理事
会場:かながわ県民センター 11階   横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
参加者:災害救援ボランティアコーディネーター養成講座受講者
実施団体:特定非営利活動法人神奈川災害ボランティアネットワーク
協力:あやせ災害ボランティアネットワークの皆さま、
    神奈川災害ボランティアネットワークの理事・運営委員
詳細は
 かながわコミュニティカレッジへ
   ※神奈川県生活協同組合連合会HPより引用掲載 http://www.kanaken.or.jp/news/2015/150801_01.html
  第4回(2015年度)総会 が開催されました
   
 

開催日時  2015年6月30日 18時〜19時30分
開催場所 かながわ県民センター11階
植山理事長のあいさつ
来賓あいさつ
いそもと桂太郎 神奈川県議会・防災警察常任委員会・委員長
坂井雅幸 かながわ県民活動サポートセンター・所長
◎来賓:
 神奈川県議会防災警察常任委員会   委員長     いそもと 桂太郎 様
 かながわ県民活動サポートセンター   所長      坂井 雅幸 様
  ボランタリー活動サポート課        副主幹    角田 重樹 様
  神奈川県社会福祉協議会地域福祉推進室 課長   飯島 信彦 様
                                    菊地 隆雄 様
 神奈川県共同募金会            事務局長   中島 英和 様
事務局より総会成立の報告
◎ 出席者:正会員総数 39 会員  出席者数 17 会員 委任出席者数13 会員
議事録署名人 鷹野克彦 田口謙吉 選任
書記 石田昌美 指名
事務局より議事運営の確認後植山理事長を議長として以下の事案を審議し
全議案が可決され、2015年度事業計画と予算が決定しました。
【審議】
 第1号議案 2014年度事業活動報告
 第2号議案 2014燃素決算報告
         監査報告
 第3号議案 2015年度事業計画(案)
 第4号議案 2015燃素予算(案)
 第5号議案 役員の補充選任

本県に関する問合せは、事務局まで



  かながわコミュニティカレッジ
災害救援ボランティアコーディネーター養成講座  受講生募集案内
  日程 7月4日(土)〜8月22日(土) 【全6回】
会場 かながわコミュニティカレッジ講義室(かながわ県民センター11階)
定員 35名 【最少開講】20名
 カリキュラム・申込書

詳細は
 かながわコミュニティカレッジへ

 
  宮城県立石巻西高等学校生と県内高校生との合同防災研修
 

被災地から学ぶこと、地域でいかせること。『地域を想う心を育む、防災研修』

講師:宮城県立石巻西高等学校 斎藤幸男 校長先生 他
研修参加者:同校生徒さん方、県内高校生、中学生、大学生、防災関係者など
@日時:平成 27 年 3 月 14 日 ( 土 ) 13:00 〜 17:30 ごろ(受付 12:30 〜
  会場:横浜市鶴見区   神奈川県立 鶴見高等学校 会議室(予定)
A日時:平成 27 年 3 月 15 日(日)  9:20 〜 12:30 ごろ(受付 9:00 〜
  会場:平塚市  神奈川県立 平塚工科高等学校 会議室(予定)

定員: ユース ( 13 歳〜 26 歳程度まで) 各 60 名 本事業は高校生中心事業となります。
    高校生等学校関係よりのお申し込みを優先させていただきます。 (先着順)
    一般  20 名(先着順)(ただし災害ボランティア団体、もしくは市町村社会福祉協議会推薦者、
     地域自主防災会(自治会等)役員等に限定します。    締切 2 月 15 日まで
参加費:  無料     (お申し込みはメールか FAX で下記へお願いします。)


    詳細案内はこちら

  平成26年度KSVネット被災地支援事業
  セミナー  〜被災地支援経験をかながわに活かす〜
 第3回  スタディツアー  終了     
   
 

岩手県陸前高田市、宮城県南三陸町を訪問し、当時の被災の状況や現在の復興状況を現地で感じ取りつつ、語り部の方より当時やこれからについて拝聴しました。また、東日本大震災時の避難経路を実際に巡り、避難のあり方や課題を学び、地域リーダーより大地震をいかに地域で乗り越えたかを拝聴しました。昼食は、地産の牡蠣やワカメを地元の方とご一緒に調理して頂きました。夕刻の振り返りでは、実際に自身の目で見た復興の現状や今後の課題について整理し、南三陸の方や参加者相互の交流を通して地域の防災力向上に役立てるきっかけづくりとしました。復興応援として、地元かあちゃん食堂、復興商店街などへも立ち寄る大変有意義なスタディツアーとなりました。

行程( 被災地を訪ね見て・聴いて・心に触れたことをかながわの防災力向上に役立てるツアー)
3 月 6 日 ( 金 ) 天理ビル前 21 : 05 発⇒佐野 SA ・夜食休憩 22 : 38 着・ 23 : 30 発⇒ ( 車中泊)
3 月 7 日 ( 土 ) ⇒安達太良 SA 1 : 28 着・ 1 : 50 発⇒金成 PA 4 : 55 着・ 5 : 30 発⇒竹駒食堂・朝食バイキング 6 : 38 着・ 7 : 50 発⇒物産展・トイレ休憩 8 : 00 着・ 8 : 15 発⇒元気村・講話、交流昼食 8 : 45 着・ 12 : 53 発  講話 岩手県陸前高田市復興対策局 大和田 智広さん 長洞元気村リーダー 村上 誠二さん
⇒語り部による陸前高田市街地視察 ( 旧高田松原道の駅・追悼施設、高野会館・旧防災庁舎・奇跡の 1 本松、避難路体験:気仙成田山 ) 案内 陸前高田市観光物産協会観光ガイド 河野 正義さん
⇒陸前高田物産センター・買物 15 : 28 着・ 16 時発⇒民宿高倉荘 17 : 28 着
講話 民宿高倉荘 高橋 才二郎さん 南三陸町立歌津中学校元校長 阿部 友昭さん 
3 月 8 日 ( 日 ) 高倉荘 8 : 42 発⇒戸倉中学校 9 : 10 分着・ 25 分視察・高野会館 15 分視察・南三陸町防災庁舎 15 分視察⇒さんさん商店街・昼食と買い物 10 : 20 着・ 12 : 23 発⇒菅生 PA13 : 56 着・ 14 : 10 発⇒那須高原 SA15 : 52 着・ 16 : 10 発⇒川口 PA18 : 00 着・ 18 : 37 発⇒横浜天理ビル前 19 ; 55 到着・解散

    記録写真集へ


  平成26年度KSVネット被災地支援事業
  セミナー  〜被災地支援経験をかながわに活かす〜

  第2回  避難所運営・支援      終了
  テーマ:避難所とボランティアセンターとの連携(支援のあり方)

日時 平成27年2月11日(水・祝) 13時〜17時
会場 かながわ県民センター 
    詳細はこちら    
  
※本事業は、真如苑「Shinjoプロジェクト」の助成を受けて実施しています。
  平成26年度KSVネット被災地支援事業
  セミナー  〜被災地支援経験をかながわに活かす〜
   第1回 災害ボランティアセンター運営 が開催されました
  <このセミナーは災害救援ボランティアコーディネーター養成講座(中級編)の認定対象です>
  第一部ワークショップ 参加 31名 第二部講演会 参加者37名 スタッフ 14名
第一部
ハンドブックを活用して災害ボランティアセンター全体を自力で開設することで各担当についてより理解を深めリーダーとしてのスキルアップを図った。
第二部
観測史上最高の雪害に見舞われた群馬県での実例を紹介
ボランティアの対象を住民を含め全体を巻き込んだことで切れ目のない活動ができたこと
地域で活動出来る人を本部に引き抜かない、メディアを活用してイベントをしかけ参加意識をたかめるとともに受援体制も整えたなど大変に意義のある講演であった。
    記録写真へ
 

日時 平成27年1月24日(土) 14時〜17時30分
会場 かながわ県民センター2階ホール(横浜駅西口徒歩5分)
内容
  第1部 ワークショップ 14時〜15時30分 
        災害 ボランティアセンター開設・運営
  第2部 講演会    15時40分〜17時30分
       災害ボランティアセンターにおける活動について
      〜H26/2 観測史上最高の雪害に見舞われた群馬県での実例から〜 


※本事業は、真如苑「Shinjoプロジェクト」の助成を受けて実施しています。

 

 神奈川県内市区町村社会福祉協議会と
 災害ボランティアによる災害図上訓練プログラム
  平常時からの「顔の見える関係」づくり を始めよう

 

【日時】 平成 27 年1月 31 日 ( 土 )10 時〜 16 時半
     (9時30分受付開始)
【場所】 海老名市福祉総合センター
      海老名市上郷 474-1  (海老名駅より徒歩5分)
【定員】 70 名程度
主催: NPO 法人  神奈川災害ボランティアネットワーク
後援: ( 社福 ) 神奈川県社会福祉協議会 ( 申請中 )

 申込・詳細パンフへ


 

平成26年度KSVネット被災地支援事業
  セミナー  〜被災地支援経験をかながわに活かす〜
  <このセミナーは災害救援ボランティアコーディネーター養成講座(中級編)の認定対象です>

 


この度、被災地支援経験を地元かながわに活かすべく、全3回シリーズのセミナーを開催いたします。

災害ボランティアセンターの運営、避難所の運営については、被災地で実際に運営に携わった方を講師に招いて、講演と指導を受けます。また、スタディーツアーでは、被災体験や講話、参加者による避難路体験などが予定されており、かながわの地域防災力の向上に活かす内容になっています。 なお、このセミナーは、災害救援ボランティアコーディネーター養成講座(中級編)の認定対象です
○ 実施期間
  第1回 災ボラセンター運営 平成 27 年 1 月 24 日 ( 土 )  14時〜17時30分
  第2回 避難所運営     平成 27 年 2 月 11 日(水)13時〜17時
  第3回 スタディーツアー  平成 27 年 3 月 6 日〜 8 日(金・土・日) 全 3 回
○ 定  員  各 1 回 60 名(一般含む)第 2 回 40 名(一般含む)第 3 回 40 名
○ 受講場所  かながわ県民センター講義室等、岩手県陸前高田市
○ 受 講 料  第1回、第2回 無料( 第3回スタディーツアー は旅行会社主催で 参加費あり、詳細は後日ご案内いたします)
※各回単独での受講もできます。
※全 3 回受講の方には、神奈川災害ボランティアネットワークより「災害救援ボランティアコーディネーター養成講座(中級編)」修了(注1)と認定し、修了証を授与いたします。

 申込・詳細パンフへ

 

防災・減災活動体験フェアー
かながわ・よこはま防災ギャザリング 2015

 

首都圏に発生が切迫している「都市型大規模地震」!!その被害は甚大なものになることが予想されています。この災害から身を守り地域を守るのは「あなた自身」です。家族を守るため、地域を守るための減災の「技」を体験しましょう。公助が届くまでの72時間を生き抜く知恵が見えてくるはずです。

開催日時: 2015 年1月 24 日(土曜日) 午前9時30分〜午後1時30分
会   場: 横浜市民防災センター及び沢渡中央公園  (神奈川区沢渡 4-7 )

主 催 : かながわ・よこはま 防災ギャザリング2015実行委員会
共催:  公益社団法人 SL災害ボランティアネットワーク
      NPO神奈川災害ボランティアネットワーク(KSVN)

 
申込・問合せ等  詳細はこちら

  神奈川県内の社会福祉協議会と災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練
「今、始める 災害前からの絆づくり −地域で頼られる存在へ−」    終了
  神奈川県内では西部地域における東海地震・ 神奈川県西部地震 、東部地域における 神奈川県東部地震・ 三浦半島断層群地震が起きた際の神奈川県内における被害の大きさを学び、災害ボランティア活動について共に考え、訓練の場だけに終わらない平常時からの具体的な防災・減災への備えを構築し、社会福祉協議会と県内各地で活動する団体との「顔の見える関係づくり」へとつながる取組を広げるための機会とし、神奈川県全体の防災力強化につなげていくことを目的にします
日時   2014年11月16日 ( 日 )  9時30分〜16時45分    
会場   かながわ県民センター     2階ホール(横浜駅西口5分)

主催  NPO 法人神奈川災害ボランティアネットワーク
後援  神奈川県社会福祉協議会
     横浜市社会福祉協議会
協力  かながわ県民活動サポートセンター


【申込先&問合せ先】 詳細はこちら 

 ★注★ 明日、10月19日は県民センターが停電となります。
       よって、本日18日、17時頃より、20日月曜日12時ごろまで、
        FAXによる申し込みができませんので、ご了承ください。
  【KSVN】8/31「ビックレスキューかながわ」 
  小田原会場にKSVNからボランティア役として62名が参加しました
  日時】8月31日(日)9時〜12時
小田原川東タウンセンター(マロニエ)
同時に、小田原・横浜間の情報伝達の訓練も実施
   
  【KSVN】8/31「ビックレスキューかながわ」災害ボランティア役募集
 

神奈川災害ボランティアネットワークでは、
8月31日に開催予定の「ビックレスキューかながわ」(神奈川県・小田原市合同総合防災訓練、想定地震:神奈川西部地震)での災害救援ボランティアセンター設置運営訓練における災害ボランティア役を募集いたします。

日時】8月31日(日)9時〜12時
【訓練会場】神奈川県小田原市中里273?6 ?  小田原川東タウンセンター(マロニエ)

※メインの訓練会場とは異なりますのでご注意ください
【訓練内容】一般災害ボランティアとして、架空のプロフィールのもと、災害ボランティアセンターでの受付・登録・マッチング・送り出し・資機材の受取り・活動・報告等を行う。

【集合時間・場所】9時30分、小田原川東タウンセンター(マロニエ)2階集会室202(担当:水島)
【地図】http://goo.gl/k9Pwec
【募集人数】50名
【締切】8月30日(土)

【注意事項】動きやすい恰好でお越しください。また、屋内での訓練が主ですが、熱中症対策をお願いいたします。

【お申込先】
特定非営利活動法人神奈川災害ボランティアネットワーク 事務局
・インターネット申込み:http://goo.gl/8aOJ9t

メール、FAXでお申し込みの場合は、「お名前、メールアドレス、ご連絡先(携帯電話番号)」を下記までお送り願います。
・メール:info@ksvn.jp<mailto:info@ksvn.jp>
・FAX:045-324-1120

【お問合先】info@ksvn.jp/090-8803-2417<http://info@ksvn.jp/090-8803-2417>(植山)

発災時には多数の災害ボランティアが必要とされることが予想されます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

  特定非営利活動法人神奈川災害ボランティアネットワーク 第 3 回総会を開催
 

神奈川災害ボランティアネットワーク(理事長:植山利昭、 39 会員)は、平時においては神奈川における 災害時に救援活動をするボランティアに対して、県内の地域ボランティアとそのネットワークを介して連携を図り、互いに助け合う市民社会の形成を目指す事業を行うことにより、災害時において、効果的な活動が出来る体制をつくり、また全国各地の災害に遭遇した被災地の救援活動を行うことで、安心で安全な社会の構築に寄与することを目的として活動をしています。事務局は神奈川県生協連が担っています。 NPO 法人として 3 回目の総会が終了しました。
◎ 日時: 2014 年 7 月 15 日(火) 18 時 00 分〜 19 時 13 分
◎会場 :かながわ県民センター  11 階講義室 1   横浜市神奈川区鶴屋町 2-24-2
◎ 出席者:正会員総数 39 会員  出席者数 23 会員 委任出席者数 8 会員
      団体正会員実出席 21 会員  団体正会員書面出席 7 会員
      個人正会員実出席 2 会員  個人正会員書面出席 1 会員
◎来賓:
 神奈川県議会防災警察常任委員会   委員長  長田 進治 氏
 神奈川県安全防災局災害対策課    課長   杉原 英和 氏
 かながわ県民活動サポートセンター  所長   下元 省吾 氏
 神奈川県社会福祉協議会地域福祉推進部 課長   橋 元央  氏
 神奈川県共同募金会          事務局長 中島 孝夫  氏
◎来賓挨拶
 長田進治氏・杉原英明氏 から挨拶を頂きました。

    
  ◎以下の議案が可決されました。
 第1号議案 2013年度事業報告
 第2号議案 2013年度決算報告
          監査報告
 第3号議案 2014年度事業計画(案)<可決後(案)を削除>
 第4号議案 2014年度予算(案)<可決後(案)を削除>
 第5号議案 役員選出


  詳細はこちら
  かながわシェイクアウトに参加しましょう
  地震が発生した時に、どこにいるかわかりません。家、職場、学校または旅行中かもしれません。
その時どのように行動するかによって、次の地震が発生した後の私たちの人生を大きく左右します。
あなたはケガすることなく、早期復旧に取りかかる準備はできていますか?
シェイクアウトは、地震の際の安全確保行動1-2-3「まず低く、頭を守り、動かない」を身につける機会です。
さらに、シェイクアウトはあなた自身、あなたの地域、学校が、職場などの組織が、非常時対策の見直し、防災グッズを
認、ケガを防ぐための身の回りの安全対策をとるように促すことも目的としています。
安全確保行動1-2-3「まず低く、頭を守り、動かない」を実施することがなぜ大切なのでしょう?
いざという時にすばやく反応するためには頻繁に練習を積んでおくことが必要です。
地震発生時、激しい揺れに襲われるまで、または何かが落下してくるまで、自分の身を守るためには数秒の猶予しか
いかもしれません。
いざという時に備えておくためには日頃の訓練が必要不可欠です。


かながわシェイクアウトへの参加登録はこちら pdf260MB)

  災害救援ボランティア(コーディネーター)養成講座(入門編)受講者募集中!
  かながわコミュニティカレッジは、NPOやボランティアなど、地域課題の解決や活性化に向けた活動に取り組む人材を育成する「県民の学び場」です。
災害救援ボランティア(コーディネーター)養成講座(入門編)は災害ボランティアとして、基本的な知識技術から、生き残るための術、そして地域でのデビュー方法についてまで、体系的に学べる講座です。
参加しやすいように全ての日程は土曜開講です。

日程、カリキュラムはこちら PDF 147KB)

◎受講対象者 県内に在住、在勤、在学の方
  県内で活動する団体(団体の職員等が、講義内容によって交替で受講することが可能です。ただし、1口のお申込みにつき1回の講義に出席できる方は1名とさせていただきます。)

◎受講募集期間
平成26年5月1日(木曜)から
受講定員: 35人

◎受講場所 かながわコミュニティカレッジ講義室 
※一部の日程において、現地実習等により受講場所が変わります。
横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2 かながわ県民センター11階

◎受講申込先 かながわコミュニティカレッジ事務局 (かながわ県民活動サポートセンター内)
〒221−0835 横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2 かながわ県民センター8階
電話: 045(312)1121(代表)  内線2841、2842
FAX: 045(312)4810
受講申し込みをメールでする場合は、 こちらから 別ページ
(申込は受講申込専用フォームメールから)
  県が東北支援のために職員を募集してます。
 

東日本大震災の被災地への派遣職員を募集します!

  採用選考の案内はこちらから 

  詳細は  神奈川県HP : http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p796314.html

  【参加者募集】 3 月 11 日(火)追悼キャンドルナイトを開催します
 
 

3 月 11 日 ( 月 ) 、東日本大震災から丸 3 年の月日が経過します。被災者を想い、震災を風化させないために「 3 ・ 11 追悼キャンドルナイト」を開催します。お時間のある方はぜひお越しください。

◆ 3 ・ 11 追悼キャンドルナイト◆
【日時】 2014 年 3 月 11 日 ( 火 )
  ・ 18:30 〜 19:00  受付、準備開始
  ・ 19:00 〜 20:00  キャンドル点灯、黙祷、代表挨拶
【会場】かながわ県民センター 入り口付近  地図
【主催】特定非営利活動法人 神奈川災害ボランティアネットワーク

  【募集】3月8日(土)イベントボランティア募集
 

3月8日(土)に山下公園で行なわれるBousai2014イベント出展いたします。そのイベントを手伝ってくださるボランティアさんを募集します。
今のところ予定されてる作業は下記のようなものです。

 【日時】 3月8日(土)  10:00〜17:30 
 【作業内容・要員】 <物産品販売>3名くらい
              物産品販売・ksvネットPR
 【場所】山下公園・おまつり広場
 【集合場所】山下公園・現地テント
  ※交替で休憩を取りながら行います。半日参加でもかま
いません。

◆申込先:e-mail  info@ksvn.jp  高松 090-5426-8012
 (KSVN山下公園についてのお問い合わせとお伝えください)。
 fax 045-324-1120 受付時間13:00〜20:00(土・日・月は休日)
  お手伝いいただける方は:名前・住所・電話番号をお知らせください。
◆ 当日連絡先 担当者:神奈川災害ボランティアネットワーク
   高松 090-5426-8012

  【雪害災害ボランティア活動支援について】
 

KSVN NPO法人神奈川災害ボランティアネットワークでは、多くの雪害被害地より情報収集を行い、現在雪害のボランティアを募集している社会福祉協議会等と相談の結果、KSVNとしては、神奈川県内の個人ボランティアを対象に、各地の雪害ボランティアセンターをご紹介します。                                     
個人での参加をKSVNはアシスト、ご協力いたします。
資機材の貸出やアドバイス、その他ご相談に応じます。(スコップ類の貸出、ブルーシート、その他雪かきなどで使用できるもの、KSVNが所有、管理している物お貸出しします。)                         
 ◆資機材の貸出やアドバイス、その他ご相談********
    問合せ電話番号 070−6460−2417(お掛け間違いの無いようにお願いいたします。)
    11時〜19時までの受付となります。(今回は電話での対応のみとさせていただきます。)

 ◆各地の雪害ボランティアセンター****************
  山梨県大月市災害ボランティアセンター  http://www.otsuki-shakyo.jp/

  群馬県高崎市雪害ボランティアセンター  http://takasaki-shakyo.or.jp/setugai/ 

上記を良くご確認いただきご参加可能な方は、各自責任の上(自己完結にて)ご参加ください。   
なお、ご紹介等も行いますので、上記電話番号にご相談ください。     
個人の車両等(スタットレス、チェーン持参)で、乗車人員に余裕があるなどもご相談いただけると幸いです。
  くれぐれも安全面には十分お気を付けいただきますようお願いいたします。

   発信: KSVN 活動支援委員会(仮称)

  支援ボランティア募集!! 1泊3日 宮城県石巻市 網地島へ
 

日程 2014年3月1日(土)から2日(日)
定員 35名まで 最少催行人員 5名
日程
  2月28日(金)夜行22時頃 横浜集合 22時15分ごろ出発
 3月1日(土) 活動  (泊)
  3月2日(日)  12時まで活動 23時帰着予定
活動内容
 お茶っこの開催 草刈り 側溝清掃 海岸清掃 畑の清掃 公民館の清掃 地域交流会など

  詳細パンフはこちら


 

東日本大震災・特別講演と中越沖地震被災地映画
被災地の教訓を忘れない【被災地からの地域減災を学ぶ】    【報告書】

 

日時: 2014 年 2 月 1 日(土)  13:30 〜
開場受付  13:00 から
場所 :大和市 南林間コミュニュティーセンター 2階ホール 【入場無料】
           (神奈川県大和市南林間7−14−24)
講演講師 :宮城県東松島市 避難所運営、自主防災より講師
       川下行政区 区長 今野 勝彦 様 (自主防災会会長) 1 時間 30 分程度
講演後  映画 「千年の山古志」 中越大地震と戦った小さな村の物語新潟県中越地震被災地

講演と映画に  132 名の参加を頂きました。

  報告書へ

  神奈川災害ボランティアネットワーク 【ボランティア募集】 2/20更新
 

下記のボランティアを募集しております。
@ 通常業務を含めた、緊急時などの対応のために、新たにご登録を頂き、
  お知らせや、緊急時の災害ボラ募集、各種事業へのボランティア募集

A 東日本大震災・復興支援ボランティア募集 ( KSVN 構成団体共同事業)
B 支援事業への公募
C 支援先等のご提案やご意見(説明会後にご提出いただきます。書式自由)
  (ご提案理由、ご提案内容、具体的方法、など)

***新たなボランティア募集に対する説明会です。(詳細は説明会等で行います。)***
説明会(必ず 1 回以上参加が必要です。)
第 3 弾説明会日程(その他予定 順次第 4 ・ 5 弾と続けます。)
2014 年 2 月 26 日(水)  19:00 から かながわ県民センター  11 階にて
2014 年 2 月 27 日(木)  19:00 から かながわ県民センター  11 階にて
事前申し込みが必要です。(説明会はどなたでも参加できます。)
ボランティア保険への加入が必要条件です。
説明会は、通常業務説明会と災害対応説明会と被災地支援説明会@〜Cを行います。
説明会は 1 時間程度(質疑応答含む)を予定しています。

  詳細内容はこちら

 

援ボランティア募集!! 終了

 

定員 35 名まで、最低催行人数  5 名〜
宮城県石巻市 網地島へ
※活動内容(お茶っこの開催、草刈、側溝清掃、海岸清掃、畑の清掃、公民館の清掃、地域交流会など)
日程 2014 年 2 月 7 日(金)〜 9 日(日)
参加費  ※夜行 1 泊、現地 1 泊
交通費(実費)
※交通費は、バス、マイクロ、乗用車により変わりますが、 10,000 円前後 + 往復のフェリー 2,600 円(説明会時に説明いたします。)
宿泊費 1 名 1 泊 1,000 円  ( シーツ持参が望ましい )
交流会費 2,000 円 ( 夕食込 )
昼食  2 食 + 朝食  1 食、 2,100 円
 ***詳細はこちら***

 

東日本大震災・復興支援ボランティア募集   ( KSVN 構成団体共同事業等)
通常業務ボランティア募集

 

下記の通り各種募集をいたします。
  ***詳細と申込はこちら***   *** KSVNボランティア登録票はこちら****
1・ボランティア派遣チーム(復興支援) 
2・仮設や在宅被災者支援チーム(コミュニュケーション支援など)
3・その他東日本大震災復旧、復興に係る被災地支援のお手伝い
  (報告書作成や調査書類作成、 HP 更新やその他事務作業など)
・被災地支援提案募集
・神奈川県内災害ボランティア構成団体への協力者募集

  下記の内容でボランティアを募集しています。
    日頃より、大変お世話になっております。
   下記の内容でボランティアを募集しています。
   ご協力のほどよろしくお願いいたします。  
  
1. 日時:2014年2月1日(土) 12:30〜16:00ごろまで
東日本大震災・特別講演と中越沖地震被災地映画
  被災地の教訓を忘れない【被災地からの地域減災を学ぶ】
  開場受付 13:00から
  場所 :大和市 南林間コミュニュティーセンター 2階ホール
  ◎ボランティア作業内容: 会場準備や受付と片付け
             ボランティア集合 12:15会場入り口 3名募集
  ※ 募集締め切りは1月30日

2. 宮城県立石巻西高等学校の方々と交流、ワークショップ    KSVN・YSV協働事業
  ・2月15日(土)午後 13:30〜16:00ごろまで  13:00〜開場受付開始        
   会場:大和市消防本部3階講堂 (大和市深見西4−4−6)
  防災カレンダー作り(交流) 2時間程度(ワークショップなど)
◎ボランティア作業内容:会場準備や受付と片付け
           ボランティア集合 12:15会場入り口 5名募集
※ 募集締め切りは2月10日
(会場が大和市消防本部の為、お車でのご来場はなるべくお控えくださいますようお願い致します。)  (ご来場は大和駅、鶴間駅等からのバスをご利用ください。)
 
・2月16日(日)午前   横浜市防災センター 研修室
              (〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡4?7)
  9:45〜10:30  石巻西高等学校 斎藤校長先生による講和 
10:40〜12:30  防災カレンダー作りと交流会(ワークショップなど)
◎ボランティア作業内容:会場準備や受付と片付け
           ボランティア集合 9:15会場入り口 5名募集
※ 募集締め切りは2月10日
この件に関するお問い合わせ、ボランティアの申し込みは、 YSV 市原 信行理事にお願いします。

メールアドレス:sinsaisien-ichihara@yahoo.co.jp

 

宮城県立石巻西高等学校の方々と交流をしませんか。      KSVN ・ YSV 協働事業
東日本大震災の被災状況の教訓から【神奈川で学ぶこと・できる事】

 

東日本大震災で被災地区の高等学校としての当時の様子や避難所となった様子、遺体安置所にもなったその後の学校、そして現在の学校の取り組み。
生徒さん方との交流と防災カレンダーを制作し、防災意識の向上につなげたい。
                                              やまと地域防災、減災事業
*** 石巻西高等学校 斎藤校長先生による講和 と防災カレンダー作り***
・ 2 月 15 日(土)
午後  13:30 〜 16:00 ごろまで 13:00 〜開場受付開始    
会場:大和市消防本部 3 階講堂 (大和市深見西 4 − 4 − 6 )
講演 講和 など  斎藤校長先生 
防災カレンダー作り(交流)  2 時間程度
(会場が大和市消防本部の為、お車でのご来場はなるべくお控えくださいますようお願いいたします。)
   (ご来場は大和駅、鶴間駅等からのバスをご利用ください。)

・ 2 月 16 日(日) 午前
9:15 時集合  
9:45 〜 10:30 石巻西高等学校 斎藤校長先生による講和 
10:40 〜 12:30 防災カレンダー作りと交流会
12:30 〜    振り返り 質疑応答など
会場: 横浜市防災センター 研修室
              (〒 221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡4 ? 7)
  詳細と参加申込はこちら

 

東日本大震災・特別講演と中越沖地震被災地映画
被災地の教訓を忘れない【被災地からの地域減災を学ぶ】

  日時: 2014 年 2 月 1 日(土)  13:30 〜 16:00 ごろまで
開場受付  13:00 から
場所 :大和市 南林間コミュニュティーセンター 2階ホール
           (神奈川県大和市南林間7−14−24)
講演講師 :宮城県東松島市 避難所運営、自主防災より講師
       川下行政区 区長 今野 勝彦 様 (自主防災会会長)1 時間 30 分程度
講演後  映画 「千年の山古志」 中越大地震と戦った小さな村の物語
新潟県中越地震被災地   40 分程度
 
  主催:南林間西北自治会
後援:南林間連合自治会、大和市赤十字奉仕団

共催: NPO 法人 神奈川災害ボランティアネットワーク

    一般社団法人 やまと災害ボランティアネットワーク
協力:大和市  大和市社会福祉協議会
  理事各位へ   臨時理事会が開催されました
  第1回理事会にて、2013年度末までの被災地支援事業について特別委員会に諮問しました。このたび 特別委員会から公正を期すための基準や進め方に関する答申書が提出されましたので、臨時理事会を開催して答申内容の認否を問うことになりました。なお、日程的な関係から議決は書面にて行われた。
開催日時    2013 年 12 月 15 日(日) 18 時 30 分〜 19 時 30 分
会場   神奈川県生協連事務所
 開催案内へ    議案書、答申書へ  詳細お問合せは事務局まで

伊豆大島水害への災害ボランティア派遣事業
KSVNは11月24日(日)までの取り組みで終了。
ご支援・ご協力ありがとうございました。

 

伊豆大島水害に関する災害ボランティア派遣の終了のお知らせについて
日頃 神奈川県内各地において防災・減災活動に取り組まれご苦労様です。
さて、11月17日(日)より取り組んできました伊豆大島水害への災害ボランティア派遣事業ですが、大島災害ボランティアセンターより11月25日(月)をもって島外の災害ボランティアの募集は中止するとの連絡が来ました。
  そこで当ネットワークにおきましても当初の予定とおり11月24日(日)までの取り組みで伊豆大島水害に関する災害ボランティア派遣を終了したいと思います。
ご支援・ご協力ありがとうございました。

問合せ先     NPO神奈川災害ボランティアネットワーク事務局

〜東日本復興・支援まつり〜 開催されました

 

NPO 法人神奈川災害ボランティアネットワークのブースでは、構成団体の活動紹介、東日本大震災被災地支援活動紹介と、東北の物産を販売しまた。テントの外では、大きな地震の際に食器棚や窓ガラスのガラスが飛散しないようにフィルムを張る実演を行いました。
開催日時: 11 月 9 日(土) 11:00〜14:30
会  場:横浜市中区山下公園 おまつり広場
来場者数: 7 千人


  詳細はこちら   動画サイトへ

台風26号伊豆大島水害への災害ボランティアの取り組みを開始しよう。一緒に活動しませんか
  川崎・災害ボランティアネットワーク会議 代表 植山利昭
「平成 25 年台風 26 号」により、お亡くなりになった方々、ご遺族のみなさまに心よりお悔やみ申し上げます。また被害に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
  伊豆大島水害への災害ボランティアの取り組みは、当初宿泊場所等の問題で島内在住者のみに限定されていましたが、伊豆大島災害ボランティアセンターより島外の災害ボランティアへの参加が呼び掛けられるようになりました。
  そこで、先遣隊として私たちの仲間3名が伊豆大島水害の災害ボランティアとして参加し、宿泊場所を確保しましたので11月8日(金)夜出発する船から取り組みを開始したいと思います。
一緒に活動しませんか。
  詳細はこちらから
防災・減災活動体験フェアー開催のお知らせ
かながわ・よこはま防災ギャザリング2014
 

開催日時: 201 4年1月 1 8日(土曜日) 午前9時30分〜午後1時
会   場: 横浜市民防災センター及び沢渡中央公園  (神奈川区沢渡 4-7 )

 詳細はこちら

神奈川県生活協同組合連合会の移転にともない
KSVN事務局も下記へ移転しました。
  新住所 (10月15日よ り)
〒222-0033
横浜市港北区新横浜2丁目6番地13 新横浜ステーションビル9階
神奈川県生活協同組合連合会 内
NPO神奈川災害ボランティアネットワーク事務局
※電話・FAX メールは変更なし
  電話 045−473−1031 / FAX 045−473−9272
 Email newksvn@arts-k.com
被災地から学ぶこと神奈川で活かせること 』 その2
−宮城県亘理郡山元町からの報告
  ボランティアバスでの活動を通して、昨年 2月から復興支援を続けている宮城県 山元町。 ボランティア等による支援が継続的行われてい一方で、被災地は、被災地はど の様な課題が現存しているでょうか。 また 、今回の震災を機に得た教訓・学び 等とはどのようなもでしょか?
 今回は山元町社会福祉協議から岩佐事務局長をお招きし、 そうした学び、今後への取り組み などについてお伺します。被災地支援だけで はく、皆様の域域の防災・減災へ備えについてもお考えただく機会なると思ます。
皆様の ご参加をお待ちしてります。
講 師 :宮城県亘理郡山元町社会福祉協議
          事務局長 岩佐 秀広 氏
日 時 :平成 25 年 11 月 16 日(土) 17 :00:00 〜19 :00:00
会 場 :かながわ県民 :かながわ県民 活動サポー トセンター11 階コミュニティカレッジ 講義室2 講義室2
参加費 :無 料
定 員 :48 名(先着順 名(先着順 ) (定員 超過 後にお申込みされた方は、 個別にご連絡します。)
主催・お 申込先 :NPO NPO法人 神奈川災害ボランティアネットワーク
お申込み方法 :Eメール 、もしくは 、FAXでお申し込みください。
 申込書へ
被災地から学ぶこと神奈川で活かせること 』 その1
−宮城県東松島市からの報告−
   宮城県東松島市社会福祉協議会の阿部専務理事をお招きし被災当初から現在に至るまでのお話を伺うことで、
皆さんの地元でいざ災害への備えの参考に生かしていただければと思い企画いたしました。

平成 23 年 6 月から復興支援を続けている東松島市
これまで、ボラバス 21 便、延べ 1069 名を送り出して来ました。  
是非、この機会にみなでお話を伺いましょう。

講師:宮城県東松島市社会福祉協議会
    阿部 英一 常務理事 / 事務局長
日時:平成 25 年 11 月 2 日 ( 土 ) 17:00 〜 19:00 (受付 16:30 〜
会場:かながわ県民活動サポートセンター  11 階講義室2
参加費:  無料     (お申し込みはメールか FAX で)
定員:  48 名(先着順)
申込先:神奈川災害ボランティアネットワーク( FAX 045-324-1120 )
    E -Mail info@ksvn.jp ( 氏名・住所・電話番号・所属 )
主催: NPO 法人 神奈川災害ボランティアネットワーク
FAX 申込書  FAX 番号  045-324-1120
  申込書へ

第2回総会議事録/議案書 左欄に掲載しました
 

総会 2013年07月02日
第2回総会 議事録
第2回総会 議案書

チャリティ・コンサートご招待に関する協力依頼
 

東日本大震災の影響により、神奈川県内で避難生活を送る方々に対し、日頃より被災地支援活動で協力関係のある音楽団体「ヒラルディージョ」様より
チャリティ・コンサート招待チケットを手配していただけることになりました。
つきましては、ご招待対象者様へのご案内と広報活動にご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

1 .フラメンコギター&クラシック・チャリティコンサート
  日時  10 月 6 日(日) 13 時 30 分開場  14 時開演
  場所 フィリアホール (横浜市青葉区)
   ご招待(無料)  75 組 150 名  
2 .クラシック&ジャズ・チャリティコンサート
  日時  10 月 26 日(土) 13 時 30 分開場  14 時開演
  場所 ひまわりの郷ホール (横浜市港南区)
  ご招待(無料)  50 組 100 名

詳細はポスター参照
ポスター1 .フラメンコギター&クラシック・チャリティコンサート
ポスター2.クラシック&ジャズ・チャリティコンサート

【招待券等本件に関する問い合わせ先】
NPO 法人神奈川災害ボランティアネットワーク
県内避難者支援担当理事 高松清美、事務担当 塩沢祥子
メールアドレス: info@ksvn.jp 電話番号: 070-6513-2417

【募集】第1回 新メンタルヘルスミニ研修会
      「被災者のストレスの理解とセルフケア」
  NPO法人神奈川災害ボランティアネットワークは、被災地ボランティアを対象に、新メンタルヘルスミニ研修会として「被災者のストレスの理解とセルフケア」(第1回)を開催します。
1時間半の短い時間の研修会ながら、被災者がどのようなストレス状態にあるか、惨事ストレスとはなにか、などの基礎知識から、ボランティアが自分のメンタルヘルスケアを行うにはどうすればいいか等、メンタルヘルスケアの実践ワークも含めた内容になっています。災害ボランティア経験者、これから災害ボランティア活動をされる方が対象です。ふるってご参加ください!

◆ 日時:2013年9月28日(土) 17:30〜18:50
◆場所:かながわ県民センター11階 パートナシップルーム2(変更の場合あり)
◆対象:災害ボランティア経験者、災害ボランティア活動を予定している方
◆定員:10名(先着順)
◆講師:神奈川県臨床心理士会所属 臨床心理士
◆問合せ先:NPO法人神奈川災害ボランティアネットワーク 
        ? 045-312-1121(内線4140)13時~20時 *神奈川災害ボランティアネットワーク向けとお伝えください
        定休日:毎週日・月曜日
◆申込方法:以下のフォームからお申込ください。
   お申込み後、特に受付完了のご返信はしておりません。当日会場へそのままお越しください
   メンタルヘルスミニ研修会「被災者のストレスの理解とセルフケア」申込フォーム
   参加申し込みはコチラから。(リンク先のアドレスです。)
  https://docs.google.com/forms/d/1NqLkSAxBllZRFZxTCKBGgdqsc2gnwCp5DaqvS8a8bNQ/viewform


◆過去の実施事例の様子はコチラです。(リンク先のアドレスです)
   http://ksvn.jp/blog54662.html
【募集】災害救援ボランティアコーディネーター養成講座 
 
平成25年度 災害救援ボランティアコーディネーター養成講座(入門編)

大規模な災害が発生した時に開設する災害救援ボランティアセンターにて、県内外から集まるたくさんのボランティアを被災地のニーズに適切に結びつけ、効果的なボランティア活動ができるようコーディネートする「災害救援ボランティアコーディネーター」として活動するための知識等を学びます。
最新の研究結果をふまえた講義のほか、災害対応を想定した、屋外活動や図上訓練なども体験できる実践的な講座です。
原則土曜開講なので、平日は忙しい社会人の方にもおすすめです。

講座実施期間:平成25年10月6日(日曜)〜11月30日(土曜) ※原則土曜(全日)に実施 全6回(18コマ)
カリキュラム : 内容(PDF)>
受講対象者:県内に在住、在勤、在学の方
◆受講定員: 35人
受講場所:かながわコミュニティカレッジ講義室 ※一部の日程において、現地実習等により受講場所が変わります。
        横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2 かながわ県民センター11階
受講料: 13,500円
受講料の納付:受講が決定した方には、受講料の納付書をお送りしますので、
            指定する期日までに最寄りの金融機関で納付していただきます(ゆうちょ銀行での納付はできません)。
           なお、一度お納めいただいた受講料は、不慮の事故等やむを得ない場合を除き、お返しできませんのでご了承ください。
受講募集期間: 平成25年8月1日(木曜)〜9月10日(火曜)
            ※定員に達しない場合は、引き続き先着順で受け付けます。
受講申込み先:
            かながわコミュニティカレッジ事務局(かながわ県民活動サポートセンター)
            〒221−0835  横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2 かながわ県民センター8階
            電話 045(312)1121(代表) 内線2841〜2842  ファックス 045(312)4810
受講申込専用メールフォーム
             http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f100303/p678907.html
休講等:講師の都合や交通機関の遅延・運休、自然災害等により当日の講義が実施不可能となった場合は休講とし、別の日に補講を実施します。
修了証: 講義開催コマ数の3分の2以上出席された方には、修了証を交付します(資格を付与するものではありません)。
        ただし、 団体として受講された場合は、原則交付の対象となりません。
7/24 西伊豆町水害復旧支援について(続報)
  (特非)神奈川災害ボランティアネットワーク関係者各位
                                      
                         2013年7月24日
                          理事長 植山利昭

  昨日の運営委員会で確認されました。西伊豆水害復旧支援を下記の内容で行
    います。また、内容についてはマスコミリリースをします。
 *************************************************************
   1. 支援できるネットは現地と連絡を取り、支援に入ってください。
 *************************************************************
     ◎ KSVネットでは、ガソリン代等は応援いたします。
     ◎ 期間は7月28日までです。支援に入ったネットは事務局にお知らせください。  
 *********************************************************
   2. KSVネットでは、27日に30人乗りのボランティアバスを用意します。

 ******************************************************************
    (1) 日程:日帰り
    (2)費用:3,000円
    (3) 集合時間・場所:朝6時15分に横浜西口県民センター前 
             出発 6時30分 (天理ビル)出発⇒日帰り 
    (4) 参加条件:災害ボランティア経験者で、ボランティア保険に加入していること。
    (5) 用意するものなどは、水害マニュアル
    (6) ボランティア内容:泥出し対応。
    (7) 申し込み:参加希望は、下記メールアドレスまでお送りください。
      申込アドレス borabus@ksvn.jp
      必要事項 地域ネット名・氏名・生年月日・住所・電話番号・携帯番号・
      メールアドレス・緊急時連絡先電話番号・緊急時連絡先住所・緊急時連絡先氏名
   (8)申込締切  平成25年7月26日(金) 17:00
           ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。
    この件に関するお問い合わせは、植山携帯電話 090-8803-2417

   **********************************
    1、水害支援は、スピードが重要です。
  **********************************
交通ルート
  ・沼津から東海バスで約2時間30分、仁科車庫で下車
  ・三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅下車
   修善寺駅から東海バスで約1時間30分、仁科車庫で下車
    ※修善寺から車で約1時間
  ・清水港から駿河湾フェリーで65分、土肥港で下船
   土肥港から東海バスで45分、仁科車庫で下車
    ※車で35分
  ・沼津ICから車で1時間40分 地図へ

現地連絡先    西伊豆町社会福祉協議会  TEL:090-3582-8156
                              FA]:0558‐52‐1383
  1 被害状況等
(1)人的被害   なし
(2)住家被害     焼津市(東小川)  床下浸水3戸      藤枝市(高柳)   床下浸水1戸
    西伊豆町 
【浸水被害】
  区分     仁科 田子 安良里 宇久須   合計
  ---------------------------------------------
 床上浸水       12件  63件   8件    83件
 床下浸水    1件 59件 102件  42件   204件
 一部損壊        3件        1件    4件
 ----------------------------------------------
  合 計      1件 74件 165件  51件   291件
7/21  西伊豆町水害復旧支援ボランティア活動をしています。
 

==== 西伊豆町水害復旧支援について =====
17〜18日にかけて降った大雨の影響で、静岡県西伊豆町で床上浸水などの被害が出ました。http://www.pref.shizuoka.jp/kinkyu/documents/250719-1000.pdf (7/19、10時現在:静岡県HPより)
ボランティアセンターも、19日13時、西伊豆町役場保健センターに開設されました。http://blog.goo.ne.jp/nishiizu-saigaivc/e/6b452e841d7016bf4b10d012623efed2
KSVネットとも交流が続いている、静岡県東部賀茂地区ですので、構成団体からの支援をお願いします。

◆7/20 現地ボラセンとの調整(先遣視察) 植山 水島 大田
       ボラセン本部と安良里地区の様子

 
 
 

7/21 ボランティアバス運行 被災地支援を行いました。(KSVN)

以下は、震災がつなぐ全国ネットワーク 東日本大震災支援担当:松山文紀氏からの報告を転載したものです。
***************************************************************
7/21のボランティア活動者数 216人(6団体および個人)
※全体の必要数はおよそ300人
ニーズ総数 38件(朝の段階では20件、追加で18件)
活動件数 38件(完了15件 継続23件)
活動内容:浸水による家屋内外の土砂撤去など
活動時間:8:30受付〜15:00を目途に活動終了→活動報告
*****************************************************************
◆朝一番のボランティアの数が前日よりも明らかに少ない状況でした。
 被害の大きかった安良里地区のサテライト機能を重点的に改善したことで、活動への不具合を随分とスマートにすることができました。
このサテライトは、RSY高木さん、JPF佐藤さんが前日から引き続き担当。佐藤さんが気仙沼での災害ボランティアセンター運営経験を活かし、
様々な調整を臨機応変に行なってくれたことにより、前日の課題であった多くのことがかなり改善され、混乱も最小限になっていました。
◆ 前日大勢活動していた消防団や町役場職員は、安良里地区以外に移ったようで、安良里地区は昨日とは随分活動者や重機の数が明らかに減っていましたが、活動そのものが大掛かりな土砂撤去から細かい箇所の対応に変化していたことが影響していたと思われます。
◆ 今日(7/21)まで活動していた消防団の組織的な活動は本日で終了。
月曜(7/22)からは役場またはボランティア本部での対応になりそうです。
◆ 松山はボランティア本部の運営支援の他、震つな加盟団体のIVUSAが前日から入っている宇久須地区と安良里地区の巡回視察に行ってきました。
◆ 宇久須地区は安良里地区の被害とは異なり、拳大の石交じりの砂が大量に家の敷地内に流入。多いところでは50cm以上堆積していました。
被害を受けた地域の高齢化率はとても高く、地元の方で作業しているのはほぼ全てが高齢者。70歳過ぎの女性もスコップを持って土砂撤去をしていました。
◆ 夏本番となり、観光業が書き入れ時の西伊豆ですが、今回の水害が観光そのものも影響することはあまりないだろうとのことでした。親戚が観光関係に従事している方も多く、この時期でなければ親戚の応援を受けられたであろう方々も、自分達だけで復旧作業をしなくてはならないお宅が多くあるとのことでした。
◆ 水害発生から4日。高齢化が著しい地域での地元の方々の疲れの色は日に日に増しています。明日(7/22)からは平日のため、ボランティアの数の不足が懸念され、さらに消防団の組織的な活動が終了したことから、ボランティア本部へのニーズの増加が想定されています。
◆ 静岡県内の市町社協派遣職員が毎日10名以上いることは西伊豆町社協にとってはとても心強いところですが、派遣職員が1〜2日の派遣と短期のため、引継ぎが十分にできない状況でもあります。この点では明日、県社協が県下全域の社協に対し、3日以上連続の派遣可能な職員の応募をして火曜日以降に備える形で動いています。

*** 震つな関係者(静岡図上訓練ネットワーク委員会関係者含む)の動き *************
・松山 7/19夜〜23
・高木(RSY) 7/19夜〜7/20 ※一旦派遣終了
・佐藤(若手幹事会オブザーバー:JPF)7/19夜〜未定
・IVUSA 7/20〜7/21 ※一旦活動終了
・オールとちぎ 平日派遣の調整中
  その他、県社協3人、市町社協派遣13人+有志(下田、御殿場)
 市町社協職員ボランティア参加(静岡4人、熱海3人、など)
 ピースボートが火曜日から1週間15人程度の参加準備中
**************************************************************************
  以上、本日(7/21)の報告とさせていただきます。
========================================================
震災がつなぐ全国ネットワーク 東日本大震災支援担当:松山文紀
〒461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2階 RSY内
TEL.052-253-7550(呼) FAX.052-253-7552

   **********************************
    1、水害支援は、スピードが重要です。
  **********************************
      支援出来るネットは現地と連絡を取り、支援に入ってください。
      用具などは、名古屋 から、レアウキューストックヤードが送り込んだ資材があります。
      KSVネットでは、ガソリン代等は応援 いたします。
      支援に入ったネットは事務局にお知らせください。
交通ルート
  ・沼津から東海バスで約2時間30分、仁科車庫で下車
  ・三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅下車
   修善寺駅から東海バスで約1時間30分、仁科車庫で下車
    ※修善寺から車で約1時間
  ・清水港から駿河湾フェリーで65分、土肥港で下船
   土肥港から東海バスで45分、仁科車庫で下車
    ※車で35分
  ・沼津ICから車で1時間40分 地図へ

現地連絡先    西伊豆町社会福祉協議会  TEL:090-3582-8156
                              FA]:0558‐52‐1383
   この件に関するお問い合わせは、植山携帯電話 090-8803-2417

5/29   第2回(2013年度) 総会が開催されました
 

NPO神奈川災害ボランティアネットワーク 定期総会が下記のとおり開催され
ご来賓の挨拶、講演につづいて提起された、6議案全てが可決されました。

(1}日時2013年7月2日(火)18時〜20時30分(受付開始17時30分)
(2}会場かながわ県民センター2階ホール
(3)概略  開会18時
      講演:18時20分〜19時40分 
       T 「神奈川県地域防災計画」について :神奈川県安全防災局
       U「神奈川県災害救援ボランティア支援センター設置・運営マニュアル」について
                                 :かながわ県民活動サポートセンター 
      総会19時40分〜20時30分
       第1号議案 2012年度事業報告
       第2号議案 2012年度会計報告、監査報告
       第3号議案 2013年度事業計画(案)
       第4号議案 2013年度予算(案)
       第5号議案 役員補充選任の件
       第6号議案 その他・・・特に提起なし

   
  2013/5(H25)〜2014/3(H26) KSVN 主催事業
主催事業
5月
8日  三役会
28日 理事会
6月
10日 三役会
11日 運営委員会
27日 三役会

7月

2日  第2回総会
23日 運営委員会
8月
27日 運営委員会 
9月
5日  シェイクアウト訓練
21日 ビッグレスキュー(平塚)
24日 運営委員会
10月
6日  県コミュニティカレッジ開講(開始日)
22日 理事会
11月
26日 運営委員会
30日 県コミュニティカレッジ閉講(最終日)
12月
17日 運営委員会
1月
18日 防災ギャザqリング
28日 運営委員会
2月
25日 運営委員会
3月
25日 運営委員会
5/20 東北きずなサロン  ご案内  主催:神奈川県 
  県では、東日本大震災により県内に避難されてきた皆さまに、避難先での生活再建や故郷への帰還に向けた道筋を立てていただくため、開催地域の市町村やボランティア、避難先元自治体等と連携して相談会を開催します。

開催予定
●6月15日(土) 横須賀市(横須賀市総合福祉会館)
●7月28日(日) 秦野市(秦野市文化会館)
●8月11日(日) 茅ヶ崎市(茅ヶ崎市男女共同参画推進センターいこりあ)
●9月14日(土) 横須賀市(横須賀市総合福祉会館)
●10月8日(火) 川崎市(川崎市男女共同参画推進センターすくらむ21)
5/6  急募!! ボラバス派遣に携わるスタッフの推薦をお願いします 
 

 (特非)神奈川災害ボランティアネットワークは神田交通(株)と共同で
 被災地支援(ボランティアバス)をすることになりました。 
   構成団体の皆さまのご協力を基に、一台一台を成功させていきたいと思います。

   構成団体の皆さまからスタッフとしてご協力いただける方の
   ご推薦をおねがいします。
  ★ 乗車スタッフとしてご協力いただける方には、別途研修を受けていただくようになります。  

◎KSVN :企画(ニーズ調整)、派遣前研修、説明会から送り出し(資料や機材準備)等を担当いたします。
◎募集業務:神田交通梶@申込先 神田交通株式会社 

  この件に関しての詳詳細なご案内はこちら

   宮城県災害・被災社協等復興支援センターのページ
  ◎参加される前にこちらで現地の様子をご確認ください。

   お問合せ先
  担当理事  森 清一  携帯番号090-1451-9794 まで

5/2 神奈川新聞に、ボラバス再開の記事が載りました。 2013年5月2日

5/2

 

神奈川新聞に、新しい枠組みでのボランティアバス再開の記事が掲載されました。

神奈川新聞「県内発被災地ボランティアバス再開へ、民間運営し5月下旬から」

   
申込先 神田交通株式会社
 

3/7

2012 年度第 7 回( 2 月)運営委員会が開催されました

2013

1.開催日時 : 2013 年 2 月 26 日(火) 19 時 46 分〜 20 時 26 分
2 . 会場 :かながわ県民活動サポートセンター  12 階
以下の協議事項が討議されました。 議事録へ
(1) 2012 年度事業活動のまとめ(案)
(2) 2013 年度事業計画骨子の考え方(案)

3/7

2012 年度臨時理事会が開催されました

2013

1. 日時 : 2013 年 2 月 26 日(火) 18 時 30 分〜 19 時 45 分
2.会場 : かながわ県民活動サポートセンター  12 階

以下の議決事項が審議されました。 議事録へ

(1) 理事・監事の状況と役割分担及び運営委員会の構成について
(2)  かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業の終了と神奈川県災害救援ボランティア支援センターの設置について
(3) 神奈川県災害救援ボランティア支援センターの運営等に関する協定書(案)の締結について

3/7 防災ギャザリング2013fromかながわ 実施報告書
2013 <開催日時・場所・プログラム>

◆体験型「市民防災・減災訓練」
  実施日時: 平成25年1月19日(土)午前9時30分〜午後1時
  開催場所: 横浜市民防災センター・沢渡中央公園

◆命を守ろう!防災大作戦 「自分のまちを守るのは君だ」
  実施日時: 平成25年1月20日(日)午前10時〜午後4時30分
  開催場所: かながわ県民センター2階ホール

     報告書へ
11/14 防災ギャザリング2012fromかながわ開催のお知らせ
  平成24年1月12・22日に防災ギャザリング2012fromかながわが開催されます。
1月21日は横浜市民防災センターと沢渡中央公園で9:40から消防車両の展示、先着順ではしご車試乗体験、自衛隊、県警による災害対策車両の展示、各ライフライン業者による展示と防災に関係する実技の体験コーナー(心肺蘇生法・AED・ロープワーク・炊飯袋による非常食体験・おいしい非常食体験・防災クイズ・防災紙芝居・e−コミマップ体験・家具転倒防止実技体験・非常時トイレの作り方・車いすからの車への移譲体験等)があり、色々な体験をすることができ、それを地元での防災訓練等で生かすことができますので是非ご参加ください。参加は資料代として300円が必要です。
1月22日は13時より、かながわ県民センター2階ホールで神奈川県から神奈川県の防災に対する取り組みの講演、桂枝太郎師匠による落語、神奈川消防署荒卷署長による優しい防災のお話、県内ボランティさんによる、今回の東日本大震災での活動の報告、県内災害ボランティアネットワークと県内で活動する防災士・セフィーティリーダーSL・日赤防災ボランティア等個人で活動するボランティアさんとのお見合い等多彩な催しを予定していますので是非ご参加ください。
8/7 基金21の課題部門(地域防災ネットワークづくり)に応募しました
8/7 図上訓練 終了!
 

三浦半島断層群地震を想定した災害ボランティア図上訓練
日時 8月19日(日)13時〜16時
場所 横須賀市立総合福祉会館5階視聴覚研修室

◆内容・申込書  詳細はこちら

申込先 神奈川災害ボランティアネットワーク事務局
      FAX 045−473−9272

主催:2012年神奈川災害図上訓練実行委員会

7/24 九州北部豪雨」被災地に対する緊急募金 締め切りました ご支援ありがとうございました
 

7月 11 日からの九州北部豪雨によって被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 今回の豪雨による死者は 7 月 17 日現在、福岡、熊本、大分の3県で計 28 人、4人が行方不明となっています。 今も避難指示や避難勧告が出されている地域や、土砂が道路を塞いだり橋が流されたりして孤立したままの地区があります。また今後、少しの雨でも土砂災害が起きるおそれがあり、新たな災害への警戒を続けながら行方不明者の捜索や復旧作業が進められています。

◆  神奈川災害ボランティアネットワークでは、 7 月 16 日の運営委員会において、私たちができる被災地支援として緊急募金 に取り組むことを決定しました。
  つきましては、何卒主旨をお汲み取り頂き、「九州北部豪雨」被災地支援緊急募金へのご協力を賜りたくお願い申し上げる次 第です。 時節柄、誠に恐縮に存じますが、ご高配賜りますようお願い申し上げます。
*********** 記***************************
取組み期間 2012 年9月 28 日(金)まで
○ 振込先
  ゆうちょ銀行 振替口座
 口座番号 00250−6―14753
 加入者名 
    特定 ( とくてい ) 非営利 ( ひえいり ) 活動 ( かつどう ) 法人 ( ほうじん )
    神奈川 ( かながわ ) 災害 ( さいがい ) ボランティアネッ トワーク

○募金のお届け先
 運営委員会において決定します。
*****************************************
問合せは事務局まで

6/18  2012年度 特非神奈川災害ボランティアネットワーク 総会が開催されました 
 

県、社協から6名のご来賓にお越し頂き、第1回総会を開催いたしました。
日時 2012(H24)年6月18日(月) 18:30〜19:30
墓所 県民センター4階 403会議室

  以下の7議案が全て満場一致で承認されました。
----------------------------------------------------------------
第1号議案 2011年度事業報告
第2号議案 2011年度会計報告
        監査報告
第3号議案 2012年度事業計画修正(案)
第4号議案 2012年度予算修正(案)
第5号議案 かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業について
第6号議案 新しい公共事業・かながわ東日本大震災ボランティア
        ステーション情報活用モデル開発事業について
第7号議案 役員の選任について
---------------------------------------------------------------
◎記念講演:テーマ「被災地から学安全安心の地域づくり」
         講師:上原 美都男 
                 横浜国立大学 安心安全の科学研究教育センター客員教授

3/20 第1回 理事会が開催され議案8件が承認されました
  日時 2012年3月19日(月)18時30分〜20時
会場 かながわ県民活動サポートセンター11階 コラボスタジオ
議案
1)設立趣意書、定款、運営規則、役員選出規程、会計事務規程、個人情報保護規則、個人情報保護方針
2)平成23年度事業計画書及び収支予算書
3)平成24年度事業計画署及び収支予算書
4)運営委員会の設置について
5)理事会及び総会等の年間日程
6)理事会等の交通費支給
7)会計に関する契約について
8)顧問を置くことについて

次回予定 第2回理事会 2012年5月21日(月) 18時30分〜 
3/20 特定非営利活動法人(NPO)になりました。
 

神奈川災害ボランティアネットワークkは、2012年(平成24年)3月12日特定非営利活動法人として登記を完了しました。

◆名称:特定非営利活動法人神奈川災害ボランティアネットワーク

◆目的:この法人は、平時においては神奈川における災害時に救援活動をするボランティアに対して、県内の地域ボランティアとそのネットワークを介して連携を図り、互いに助け合う市民社会の形成を目指す事業を行うことにより、災害時において、効果的な活動が出来る体制をつくり、また全国各地の災害に遭遇した被災地の救援活動を行うことで、安心で安全な社会の構築kに寄与することを目的とする。

◆主たる事務所:横浜市港北区新横浜二丁目6番23号神奈川県生活協同組合連合会内

◆設立当初の役員

役 職
氏  名
所 属
理事長 植山 利昭 川崎災害ボランティアネットワークk会議
副理事長 丸山 喜弘 神奈川県生活協同組合連合会
副理事長 鷹野 克彦 横須賀災害ボランティアネットワーク
理事 高坂 徹 かながわ災害ボランティア支援センターサポートチーム
理事 橋本 憲司 海老名災害ボランティアネットワーク
理事 榎本 一雄 伊勢原災害ボランティアネットワーク
理事 石田 安秀 あいかわ町災害ボランティアネットワーク
理事 森 清一 神奈川県災害ボランティア推進委員会
理事 飯島 智幸 かながわ勤労者ボランティアネットワーク
理事 高松 清美 特定非営利活動法人都市防災研究会
理事 濱田 政宏 ざま災害ボランティアネットワーク
理事 高松 民吉 西湘災害ボランティアネットワーク
理事 大石 努 相模原災害ボランティアネットワーク
理事 野内 博 逗子災害ボランティアネットワーク
理事 柳原 孝美 赤十字防災ボランティア推進会議
監事    高松 和則 かながわ勤労者ボランティアネットワーク
監事 荻原 多聞 神奈川県災害ボランティア推進委員会
     
顧問 上原 美都男 横浜国立大学客員教授・前横浜市危機管理監

9/19現在の出欠状況とコメント集です