TOPへ
 

 10月6日(土)7日(日)8日(月)に新潟県中越沖地震被災地支援活動継続を展開しよう。

 



                     かながわ災害救援ボランティア支援センターサポートチーム  植山利昭
------------------------------------------------------------------------------------
1.被災地の避難所―仮設住宅―復興とつながる一連の活動のいろいろな局面に参加し学ぶ
----------------------------------------------------------------------------------------
7月16日に発生した新潟県中越沖地震に対する被災地支援活動として、8月10日(金)から12日(日)に「オール神奈川」という形で20名の派遣をすることができました。今回の災害ボランティアバスの派遣は「オール神奈川」として初めて取り組んだこと、各地域の災害ボランティアの中心メンバーを軸に参加したことなど、神奈川の災害ボラにとって次につながる有意義な活動だったと思います。しかし、横浜や川崎のメンバーが少なかったことや支援金も一部の地域からのものであり、真の意味で「オール神奈川」になっていない現状がありました。また、被災地支援の災害ボランティアの活動も2004年の新潟県中越地震あたりから活動形態が変化してきており、「オールとちぎ」のように被災地に活動拠点を独自に設置し長期にわたる支援活動を継続して展開出来る体制づくりが進んできています。また、中越地震から現地の災害ボランティアセンターの立ち上げの中心に社会福祉協議会が担当する傾向が強まり、その運営に全国の社協の職員が交代で派遣され災害ボラセンの事務の中心を担う体制づくりが進行しています。一方、災害ボラは個人ではどうしても継続した活動を続けることが困難で、社協の職員のようにはいかない現実があります。この点をいかに克服していくかが大きな課題だと思います。また、被災地の避難所―仮設住宅―復興とつながる一連の活動のいろいろな局面に参加し学ぶことも大事なことと思われます。
-------------------------------------------------------------------------------------
2.新潟県中越沖地震被災地への継続した支援活動を展開
--------------------------------------------------------------------------------------
以上のことから、「オール神奈川」という形を追求しながら、新潟県中越沖地震被災地への継続した支援活動を展開していくことを提案します。
そして、その活動を月1回程度の現地への災害ボランティアセンーの派遣(少なくとも10月、11月、12月の3回程度)、それらの活動のまとめと発表を1月12日(土)13日(日)サポートセンターにて開催予定の「防災ギャザリング2008fromかながわ」にて行いたいと思います。
このような活動により、被災から復興へ向けた一連の被災地の取り組みとその経過等を災害ボランティアの立場から学び教訓化していくこと、「オール神奈川」としての被災地支援体制を確立していくこと、新潟県における2004年中越地震から今回の中越沖地震における社会福祉協議会を中心とした災害ボランテイアセンターの立ち上げの経過と課題を検討・研究していくこと、災害ボランティアの継続した活動を人材面及び活動資金面等から検討・研究していくこと等に取り組みたいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
3.「かながわ災害ボランティア活動基金」の設立
-------------------------------------------------------------------------------------
また、8月の災害ボランティア活動に対して活動支援の資金提供を呼びかけたところ50万円以上の協力がありましたが、残念ながらそれを活かし継続した支援活動への資金提供という形にすることは出来ませんでした。この経験を生かし、災害ボランティアの独自の活動を資金面から支えるために「かながわ災害ボランティア活動基金」の設立をめざしたいと思います。今後の新潟県中越沖地震被災地支援活動への取り組みへの活動支援金を募集することから開始したいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------------
4. 10月の新潟県中越沖地震被災地支援災害ボランティアを以下の要領で提案したいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------------

日時 平成19年10月6日(土)午後又は夜横浜駅西口サポートセンター集合
7日(日)1日、8日(月・祝)午前 現地にて災害ボランティア活動
8日(月・祝)夜 横浜駅西口解散
形態 今回は個人の車か電車で行く予定 
車を出していただける方がおられましたらご協力ください
参加人数 車の場合 1台につき4名 車の確保次第 
電車の場合 4名〜10名程度
現在のところ4名参加予約有り
費用  当面は全額自己負担 
ただし「かながわ災害ボランティア活動基金」が集まれば一定の補助を行う予定。
活動内容 現地で活動している災害ボランティアと連絡をとり内容を決定します。
連絡先 植山 車を出せる方、参加希望の方 まず連絡ください。
携帯 090−8803−2417
--------------------------------------------------------------------------------------
5. 11月、12月の活動内容及び1月の防災ギャザリングの内容については別途打合せの会議を開催したいと思います。日程等は連絡します。