活動報告 20108年4月から2009年3月まで
 

2009年(H21年) 3月まで 

12月 

 速報!  東海地震に向けた図上訓練が行われました
 

東海地震時の県西部地域(西湘・小田原)における被害想定の確認と学習を行うとともに、小田原・秦野・藤沢・横浜の災害ボランティアの連携と災害ボランティアセンター立ち上げの図上シミュレーション訓練が実施されました。この訓練は、来年2月の静岡での東海地震を想定した図上訓練に参加することも視野に入れて、広域的な災害時における他県等との連携強化をめざしたものです。

日 時 2008年(H20)12月13日(土)10時〜16時 
場 所 神奈川県小田原合同庁舎2階会議室 参加者 約80名
内 容 
10時〜12時
      東海地震時における神奈川の被害想定と災害救援活動について
       講師:神奈川県温泉地学研究所企画調整担当部長 杉原 英和 氏
13時〜16時
      東海地震時の西湘(小田原)と秦野、藤沢、横浜の図上シミュレーション
       西湘(小田原)、秦野、藤沢、横浜、座間、横須賀に分かれて連携する図上訓練
主催 神奈川災害ボランティアネットワーク   

   
  小田原Gの討議風景(左) 吉村代表の挨拶(右)
 

 

 

各地域の被害イメージを発表 そして72時間後には災害ボランティアセンターを立ち上げ支援体制に入った地域も・・・

7月 『北陸地方大雨』について(第1報)
  『北陸地方大雨』について(第1報)についての情報が着ましたので
お知らせします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成20年度 被災地支援・災害ボランティア情報(29号)
『北陸地方大雨』について(第1報)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             平成20年7月29日(火)17時00分発行
             全国社会福祉協議会 地域福祉部
             全国ボランティア活動振興センター
             http://blog.goo.ne.jp/vc00000/
===========================================================
  28日未明からの北陸地方を中心とした大雨被害についての情報です。
┏━━━┓
  石川県
┗━━━┛
■■金沢市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
金沢災害ボランティアセンターを設置
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
  29日(火)、金沢市社協は、「金沢災害ボランティアセンター」
を社協内に設置しました。
  金沢市中心部での土砂の除去が作業の中心です。現在のところ、
金沢市内在住のボランティアを募集しています。
  ボランティアの募集等の最新情報については、随時ホームページ
で発信しています。  
  ※金沢ボランティアセンター ホームページ
   http://www.spacelan.ne.jp/~kvc/
◇金沢市内の被害状況〔石川県危機対策課発表 29日10:00現在〕
  床上浸水:541棟 床下浸水:2131棟 全壊:1件
┏━━━┓
  富山県
┗━━━┛
■■南砺市■■
  富山県社協は職員一名を被害の大きかった南砺市社協に派遣し、
被災状況や支援の必要性について、検討しています。◇南砺市内の被害状況〔南砺市企画情報課発表 29日9:00現在〕
  床上浸水:119棟 床下浸水:215棟  全壊3棟 半壊:4棟
  孤立集落:43世帯 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
社会福祉法人 全国社会福祉協議会
地域福祉部/全国ボランティア活動振興センター
電話 03−3581−4655/4656
E-mail vc00000@shakyo.or.jp
災害情報専用HP:http://blog.goo.ne.jp/vc00000/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
7月 JARD主催第3級アマチュア無線技養成講習会案内
(第4級アマチュア無線技士取得者対象)
  JARD主催第3級アマチュア無線技士
養成講習会案内(第4級アマチュア無線技士取得者対象)

開催日  平成20年8月30日(土)

第4級アマチュア無線技士取得の皆様、1日のJARD主催講習会で第3級アマチュア無線技士
になりませんか。第3級アマチュア無線技士の資格を取得すれば50W迄の免許および
CW(モールス)通信が免許されます。海外とも交信がしやすくなります。この機会にチャレンジしましょう。
災害時の非常通信用に取得しましょう
レジャー、ドライブの時にも便利です
免許を取得して「かながわ災害救援ボランティア・アマチュア無線クラブ」に参加しませんか。

講習会場  横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2 
かながわ県民活動サポートセンター 301会議室
          横浜駅西口より徒歩5分 電話 045−312−1121
費  用  12,750円  事前申込み制    
定  員  40名   定員になり次第締め切ります。
当日持参するもの
印鑑、80円切手1枚、住民票1通、写真3枚(サイズは運転免許証と同じ)
申込先   平塚市見附町9−13 (株)桜田商事 西湘ひらつか
           電話 0463−33−2266
*専用の申し込み用紙と振込用紙がありますので必ず事前に連絡してください。
午前9時集合
講習時間割
2008/8/30(土) 9:15〜9:45 開講、諸注意
9:45〜10:45 法規
10:55〜11:55 法規
11:55〜12:45 休憩
12:45〜13:45 法規
13:55〜14:55 法規
15:05〜16:05 無線工学
16:15〜17:15 無線工学
17:45〜18:00 試験諸注意
18:00〜19:00 修了試験

7月 JARD主催第4級アマチュア無線技士養成講習会案内
  JARD主催第4級アマチュア無線技士養成講習会案内
開催日  平成20年8月23日(土)〜24日(日)
  2日間の講習と試験で免許がとれます
災害時の非常通信用に取得しましょう
レジャー、ドライブの時にも便利です
免許を取得して「かながわ災害救援ボランティア・アマチュア無線クラブ」に参加しませんか。

講習会場  横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2
         かながわ県民活動サポートセンター 301会議室
          横浜駅西口より徒歩5分 電話 045−312−1121
費  用  22,750円  事前申込み制    
定  員  40名   定員になり次第締め切ります。
当日持参するもの
印鑑、80円切手1枚、住民票1通、写真3枚(サイズは運転免許証と同じ)
申込先   平塚市見附町9−13  (株)桜田商事 西湘ひらつか
           電話 0463−33−2266
*専用の申し込み用紙と振込用紙がありますので必ず事前に連絡してください。
午前9時集合
講習時間割
2008/8/23(土) 9:15〜9:45 開講、諸注意
9:45〜11:15 法規
11:25〜12:55 法規
12:55〜13:45 休憩
13:45〜15:15 法規
15:25〜16:55 法規
 
2008/8/24(日) 9:15〜10:45 無線工学
10:55〜12:25 無線工学
12:25〜13:15 休憩
13:15〜14:15 無線工学
14:25〜15:25 補講
15:30〜15:45 試験諸注意
15:45〜16:45 修了試験

6月 『岩手・宮城内陸地震』について 情報提供(宇田川氏より)
  既に御存じのようにまたまた災害が発生しました。直ぐに現地に行ったボランティア
希望者もいる様ですが、現地の状況を見ないで行けば「迷惑ボランティア」にしかな
りません。現地情報をお送りします。
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成20年度 被災地支援・災害ボランティア情報(第5号)
『岩手・宮城内陸地震』について(第4報)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            2008年(平成20年)6月16日 (月)20時00分発行
            全国社会福祉協議会 地域福祉部
            全国ボランティア活動振興センター
            http://blog.goo.ne.jp/vc00000/
===========================================================
 6月14日午前8時43分頃に岩手県内陸南部を震源として発生した地
震についての情報です。
┏━━━┓
 宮城県
┗━━━┛
 本日16日、県社協職員2名が栗原市、1名が大崎市において各市社
協関係者とともに状況把握及び支援活動を行っています。
■■栗原市■■
 栗原市社協では、引き続き地元の地域福祉推進員の方々を中心に、
比較的被害の大きかった「花山」「栗駒」「鶯沢」地区で住民の方々の
状況やニーズの確認をおこなっていますが、それぞれの家族や親戚による
片付けや、近隣住民の手伝い市内の登録ボランティア等で対応が可能
な状況です。
 現在、市外からのボランティアの募集は行っていません。

┏━━━┓
 岩手県
┗━━━┛
 本日16日、県社協職員2名が一関市・奥州市を中心に各市社協関
係者等とともに状況把握及び支援活動を行っています。
 支援活動は地元関係者によって行われており、現在市外からのボ
ランティアの募集は行っていません。


 なお、全社協は支援者1名(全社協災害研修等講師)を現地 に派
遣して、県社協職員に同行して現地調査・支援にあたっています。

※現地情報、社協の動き等については、下記を参照してください。

 →宮城県災害ボランティアセンターホームページ
  http://www.msv3151.net/index.html
 →宮城県/災害・防災情報(県庁)
  http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/saigai_index.htm
 →ずっぱりボランティアいわて:緊急情報(岩手県社協)
  http://www.iwate-shakyo.or.jp/vc/index.html
 →いわて防災ポータル(県庁)
  http://www.pref.iwate.jp/%7Ebousai/ 
6月 『岩手・宮城内陸地震』について 情報提供(高坂、植山)
  ■宮城県社協 K氏。
沢山の方々より支援のご連絡、本当にありがとうございました。今しがた、栗原市よ
り戻りました。
いくつかの報告もされておりますとおり、宮城において最も被害の大きかった栗原市
花山及び同市栗駒地区での災害VC立ち上げは、現状においては見送りといたしまし
た。家屋等の被害が思いのほか少なく、大規模な数の被災者が発生していないこと、
地域的に外部からのボランティア支援がマイナスに作用する恐れが可能性としてある
ことが大きな理由の一つです。
よって、災害VCという形での支援形態ではなく、地元の社協中心に被災者の心理的
ケアや要援護者支援を念頭におき、訪問活動やこまめにサロン活動などを明日より進
める予定でおります。
と言いながらも、道路の寸断により本日も状況の調査に入れなかった地区も多数あり
ます。今後、道路の復旧を待ち、再度調査を行ったうえで、必要に応じて災害ボラン
ティア支援の受入も念頭において進めていくつもりでおります。幸いにして、栗原市
社協さんが、とても前向きにまた、熱心に被災者支援を考えております。地元の意向
を汲みながら明日以降も被災者中心であることを意識して活動を進めていきたいと思
いますので、今後とも、皆さまのご支援よろしくお願いいたします。
  ■現地情報
> > 平成20年度 被災地支援・災害ボランティア情報(第3号)『岩手・宮城内陸地
> > 震』について(第2報)(全国社会福祉協議会 地域福祉部 全国ボランティア
> > 活動振興センター発行 http://blog.goo.ne.jp/vc00000/)によると、
> > 宮城・岩手ともに、災害ボランティアセンター設置は見送り、とのことです。
> >  →宮城県災害ボランティアセンターホームページ
> >   http://www.msv3151.net/index.html
> >  →宮城県/災害・防災情報(県庁)
> >   http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/saigai_index.htm
> >  →ずっぱりボランティアいわて:緊急情報(岩手県社協)
> >   http://www.iwate-shakyo.or.jp/vc/index.html
> >  →いわて防災ポータル(県庁)
> >   http://www.pref.iwate.jp/%7Ebousai/ 
> >
> > ■震つなの動き(6月14日・20時00分現在)
> > 震つな各団体、宮城県社協等からの情報を合わせますと、今の時点でたくさんの
> > 外部ボランティアが支援に入るというよりは、今後、地域での助け合いに対する
> > 情報提供を考えていくほうがよいのではないかという見解です。
> > 亡くなられた方、けがをされた方もいらっしゃいます。被災された方々には心か
> > らお見舞い申し上げます。
> > ○オールとちぎ(とちぎVネット)
> > ・スタッフ2名が栗原氏花山地区入り。車で走っているが、がけ崩れを目にする
> > ものの、大きな住宅の被害等は確認できない。
> > ○ハートネットふくしま
> > ・スタッフ2名が栗原市栗駒地区入り。避難所を見て回ったが、日常支援の延長
> > で対応可能との見通し。宮城県社協K氏との間でボランティアセンター設置見送
> > りを申し合わせ。これから一関方面を回って福島に戻ります。
> > ○名古屋事務局(RSY)・NPO愛知ネット
> > ・浦野がNPO愛知ネットのスタッフ1名とともに明日15日(日)朝、現地に向けて
> > 出発する見込みです。ボランティアセンターも設置しないとの連絡から、明日は
> > 仙台での待機にとどめる予定。
> > ※今回の現地入りは2003年宮城県連続地震の支援でつながりのある宮城県社協K氏
> > と連絡を取りつつ行っています。
> > ○アレルギー支援ネットワーク
> > ・「アレルギーでお困りの方ご連絡ください」という旨のポスター原稿を事務局
> > が預かっております。支援で必要な方は事務局までご連絡ください。
> > ※引き続き情報を収集しています。
> > ※なお、震災がつなぐ全国ネットワークでは今回の地震のボランティア活動支援
> > のための緊急募金を募ることといたしました。皆様方のご支援・ご協力をよろし
> > くお願いいたします。
> > ------------------------------------------
> > 災害ボランティア活動支援募金
> > 郵便振替口座:00920-7-75997
> > 加入者名:震災がつなぐ全国ネットワーク
> > *通信欄に「岩手・宮城内陸地震」と明記ください。
> > --------------------------------------------
> > ******************************************
> > 震災がつなぐ全国ネットワーク
> > 〒464-0032
> > 名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F
> > 特定非営利活動法人レスキューストックヤード
> > TEL:052-783-7727 FAX:052-783-7724
> > Mail info@rsy-nagoya.com
> > Web http://rsy-nagoya.com/
> > ******************************************
   「いとしの能登よみがえれ!」
震災がつなぐ全国ネットワークが出版した能登への応援写真集です。
  宇田川の手許にもあります。御希望の方はご連絡下さい。
能登の魅力がたくさん詰まった写真集、
Photo&Message「いとしの能登よみがえれ!」
  〜ボランティアの能 登ノート〜 が、震災から1年を迎えた3月25日に刊行されました。
−震災当時、ボランティアとして能登に駆けつけた
−今は都会にいるが、故郷は能登だ
−神社仏閣、伝統建築を見て回るのが好きだ
−祭りを見ると踊りたくなる
−日々あくせく働いていて余裕がない

そんなあなたにお勧めします。写真集の表紙をぜひ下記ブログでご覧 ください。
      http://www.npo-aichi.or.jp/shintuna/
---(刊行チラシより)--------------------------------------------
”地震なんかに負けない!能登を応援したい!…みんなの思いをのせて”
2007年3月25日に発生した能登半島地震。
以来、活動を続けているボランティアの手によって、本書はつくられました。
被災地に入ったボランティアは能登のファンになったのです。
空や海、能登の人々のたくましさ、優しさ…。
人々が語る暮らしや歴史にも魅せられていきました。
震災後の能登を歩き、復興へと歩みだした人々と触れ合い、能登の雄大な自然や風土を伝える、メッセージいっぱいの写真集に仕上がりました。
心からの能登へのエールをこめて。
-------------------------------------------------------------
Photo&Message「いとしの能登よみがえれ!」〜ボランティアの能登ノート〜
B5版56ページ  定価1500円  執筆・プロデュース/村井雅清
写真/中山雅照  企画/震災がつなぐ全国ネットワーク